初期費用の用意

不動産投資を行いたいと考えているのであれば、収益物件を用意する必要があります。しかし、初期費用が足りず物件を用意することができないという場合があります。この場合は金融機関に相談しましょう。

不動産投資を行なうために大切なことを学ぶ

気軽に始められる

手間をかけずに利益だけ享受できます

収益物件には興味があるけれどお金がなくてあきらめていた人にもチャレンジできる投資商品があります。投資額は数万円から数十万円で済み、しかも不動産投資の最大の懸案である空室リスクもかなり抑えられています。これは上場不動産投資信託と呼ばれるものであり、数十件の収益物件を保有し運用しています。オフィスビルや商業施設を保有する場居合には、その一部の保有で留まることもありますが、ファミリータイプマンションやワンルームマンションなどの場合には基本的に1棟ごと保有し、修繕やリノベーションの迅速化を図っています。個人で収益物件を保有しても、これほどの手間はかけられません。この恩恵を少額で手に入れることができるのです。

大型物件への投資も夢ではありません

サラリーマンやOLなど日々時間がない人にもお勧めの投資商品と言えます。また収益物件について知識がない人でも安心して投資をすることができます。上場不動産投資信託が保有している収益物件は数億円から数百億円までのものがありますが、多くの投資家が資金を拠出し合っているので、このような大きな収益物件への投資にも参加できるのです。さらに銘柄によってはエリアも大きく異なります。個人で収益物件に投資をする場合には遠方だとなかな見に行ってられないので、避けがちになってしまいますが、上場不動産投資信託を通じてそれらのエリアにも投資をすることができます。利回りは大半が3%から4%の間となっており収益性もそこそこあります。

自分に合う条件

賃貸物件を選択する際には、どの程度の費用が発生するのかということを事前に細かく把握しておくことが必要になります。そのためには、物件の条件により変わる家賃相場を把握しておきましょう。

保証内容を把握しよう

賃貸物件の運営を行いたいと考えるのであれば、家賃保証についてしっかり把握しておくことが必要になります。もし契約者が家賃を支払えなくなった場合に、代行し支払ってもらええるシステムです。

リスクの軽減

安定した収入を得ることができるとは言っても、家賃を得ることができなければ不動産投資が安定しているとは言い切れません。このようなリスクを軽減するための方法として、家賃保証という制度あります。