不動産投資を行なうために大切なことを学ぶ

保証内容を把握しよう

家賃保証とは

家賃保証は、アパートなどを賃貸借契約する時に借主が契約するシステムです。かつては大きな不動産会社が使うものでしたが、現在は地方にある中小の不動産会社でも多く使われるようになりました。家賃保証の需要に伴い、そのサービスを提供する会社も増えています。 家賃保証契約の前に借主に対する審査が行われますが、それにより支払い能力がない人を見抜くことができます。もちろん、万が一滞納が起こった際には滞納金額を弁済してもらえます。また、借主への請求は保証会社が行うので、貸主にとっては督促業務の手間が省ける利点があります。 一方、借主にとっても高齢の家族に保証人を頼まなくて済むなどのメリットがあります。仮に支払いが遅れてしまっても家族に迷惑をかけなくても済むので便利です。 但し、家賃保証を利用しても家賃の支払い義務がなくなるわけではありません。貸主から督促を受けなくても補償会社からは請求が来ますので、毎月の家賃は期限内に支払うことが重要です。

家主の強い見方家賃保証

住まい探しで、賃貸物件を探すことは、長い人生において何度か訪れます。物件により、賃貸契約締結前に、借りる側の審査をする場合があります。この審査のほとんどの場合が、家賃保証会社によるものです。 家賃保証会社は、家主の家賃回収リスクを代わりに取っている会社で、家主が家賃の回収をできなかった場合に、賃貸人の代わりに家賃を家主に支払い、そして家主に代わり、賃料を賃貸人から回収します。 これにより、家主は家賃回収リスクを取らずに済みます。家賃保証会社の審査は、例えば今までに家賃の支払いが滞ったことのある 人などは、この審査に通過できない仕組みになっています。家賃保証会社の審査に通らなかった場合、賃貸借契約に信用のある連帯保証人を用意するなどして、この問題を解決しなければなりません。