不動産投資を行なうために大切なことを学ぶ

リスクの軽減

家賃保証をしてくれるサブリース制度

不動産経営は、最近注目を集めている投資手法の一つです。不労所得を得られる資産効率が良い手法として、多くの方が投資を開始しています。 しかし、不動産経営には、家賃収入を安定して得られないと、負債を抱えて家計を大きく圧迫する結果となるリスクもはらんでいます。このリスクを回避する手法として、サブリースという制度が用意されています。これは、家賃保証の制度で、オーナーは専門の不動産業者に物件を一括で借り上げしてもらうことで、入居者の有無にかかわらず収益を獲得することができるという制度です。不動産経営の大きなリスクである入居者が確保できないことを回避できるので、オーナーからすれば大変有効な家賃保証制度だといえます。

家賃保証制度を利用する際の注意点について

この家賃保証制度を利用する際に注意しておくことは、不動産業者に一定の手数料を支払う必要があるということです。実際は、オーナーが支払行為をするのではなく、家賃収入からその手数料相当額を差し引かれた金額がオーナーに支払われるという形式ですので、手数料がかかっているということを失念しがちです。 また、経営をすべて不動産業者に任せることになるので、不動産に関する専門家である業者の都合のいいように物件を取り扱われてしまい、オーナー側に不利益が来ることがまれにあります。 家賃保証制度を活用するときには、対象の不動産業者が信頼のおける業者であることを確認しておきたいところです。比較サイトや口コミサイトなどを参考に選定をすることをお勧めします。