不動産投資を行なうために大切なことを学ぶ

自分に合う条件

自分の年収に合った家賃の部屋に住もう

私達が家や部屋を借りる際、毎月大家さんまたは管理会社に支払うのが「家賃」です。家賃相場は地域ごとに異なり、比較的交通の便が良い都心部ほど家賃相場は高くなる傾向にあります。自分が住もうと思っている家賃相場を事前に調べて、自分の家賃に合った部屋を見つけることが大切です。特に、家賃は自分が生活していく上で必ず支払わなければならない費用であるため、自分の年収に見合わない家賃の場所に住むと、家賃が払えなくなったり生活費を圧迫したり、様々な問題が起こります。また、家賃の目安として、「月収の3分の1」が適当であると20年から30年程前から言われていますが、経済事情は人それぞれであるため、必ずしもこの法則が当てはまらないことを頭に入れておきましょう。

東京23区の家賃相場の違いについて

日本で最も人口が多い東京、その中心とも言える「東京23区」は、区ごとに家賃相場が異なります。例えば、多くの高層ビルが立ち並ぶ千代田区や中央区の場合は、ワンルームマンションでも家賃相場は10万円とかなり高めです。「六本木ヒルズ」がある港区の場合、ワンルームマンションでも約13万円と高額です。一方、文京区や中野区、杉並区などは家賃相場が安くなります。特に杉並区の場合、ワンルームマンションの家賃相場は約7万円と、最も相場が高い港区に比べてかなり安くなります。東京23区で最も家賃相場が安い葛飾区は、ワンルームマンションで56000円となっており、東京で一人暮らしをしようと考えている人におすすめの地域です。